Author Archives: 栗原

シロアリが!

さて、今回は中古住宅の検査へ行った時のシロアリ発見についてお話しをさせて頂きます。
なお、虫が嫌いな人はこの動画を見ない方がいいかもしれません。

いざ念願のマイホームを購入し、入居してみたらシロアリがいて柱や土台がたべられていたら・・・考えただけでも怖いですよね。
最近の新築住宅では防蟻(シロアリ対策)工事も念入りに施工されているのにどうしてこの様になるのでしょうか。

それは防蟻工事に使われる薬剤の効果は、永久ではないからなのです。
一般的には5年でその効果が薄れてくると言われている商品が多い為、そのタイミングで防蟻工事の再施工をされるといいでしょう。
被害が確認された後では、柱を補強したりして結果費用も高額になる事もあります。

弊社では新築以外に中古住宅の防蟻工事も実施します。
大切なマイホームの購入前に一度ご相談下さい。シロアリがいないか確認する床下調査と建物状況調査(ホームインスペクション)を同時に実施する事で、安心して住む事が出来ると思います。

営業部 不動産係 伊東

シロアリや床下換気扇工事でお世話になったお施主様へのアフター

タイトルにもありますが以前お世話になったお施主様のお住いの

外壁の劣化が気になるということで、外壁塗装工事を施工させて頂きました。

 

前回の塗装から10年以上が経過しており汚れは一目瞭然ですが、クラック(ひび割れ)も複数見受けられました。

劣化箇所の補修を行い、塗装を終え

お施主様も感動の仕上がりでした。

今回は大掛かりな工事となりましたが、お客様の困った・・どうしよう・・・

どこに頼めばいいんだろう・・・。こんな事頼んでいいんだろうか。

はたから見れば小さな悩み事でもお客様にとっては大きな問題です。

そんな時、住宅ケンコウ社に1番に相談して頂けるように

広島の困ったを消し去るべく頑張っていきます!

新田

シロアリの被害による修繕

この度、8月の豪雨災害により被災された方々へ心よりお見舞い申し上げるとともに、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

さて、先日シロアリの被害にあわれたお客様のお宅を駆除させて頂く工事を行いました。

状況は主に玄関框がひどく食害されており框の中は1/3がスカスカな状況でした!
表面は被害にあっているのが丸見えな状況にお客様は綺麗に直してほしいと依頼。
しかし高齢で費用を最小限にという要望を頂き検討した結果、
リフォーム框で表面を補修するという方法になりました。
費用面と仕上がりの説明に了承頂き施工。

色や柄を一番ちかいものを選び完了!

お客様は大変喜んで頂き今後何かあればまた頼みたいと有難いお言葉を頂きました。

今回は被害が発覚してからの依頼となってしまいましたが、被害を未然に防ぐことがとても重要です。
人間の身体も悪くなってからでは病院代や手術代など費用がかかってまいります。
住宅も同じで被害にあうと補修や修繕に多額の費用がかかる場合があります。
最小限に抑えるためにも定期的な建物の管理をされることをお勧め致します。

 

                                   吉野

友だち追加

玄関ドアリフォーム

先日、シロアリの予防工事をさせて頂いたお客様と工事中お話しをしていると
玄関のドアが古くて重いし・・・
湿気がすごいし・・・
防犯も気になる・・・
ですが、以前近所で見た玄関ドアのリフォームは、
ドアを撤去している期間が長く
その期間中ブルーシートで覆われているだけ・・・

それを考えると怖くてできない
そんな悩みを解決するべく
カバー工法という方法で今回リフォームさせて頂きました。
たった1日で工事完了

ストレスなく工事が終わり大変喜んで頂きました。

Before 

After

 

友だち追加

新田

メンテナンス点検

床下の換気口から水が出てくる。

以前お世話になったお施主様から電話をいただきました。

連日の大雨により雨水が床下へ侵入したのか?など色々考えながら現地へ伺いました。

床下を確認してみると・・・

写真中央付近の木材の色が周りと比べて濃く艶があるのがお分かり頂けますでしょうか?

トイレの給水管から水が少量ではありますが漏れていました。

その後、新たに配管を繋ぎ直して補修致しました。

 

今回はたまたま、外壁側に面しており外に水が漏れて気づくこととなりましたが、

そうでないケースが大半です。

改めて定期的なメンテナンスとしての床下点検の重要性を私自身知ることとなりました。

新田

シロアリの黒いハネアリ

シロアリのハネアリが出始めたと情報が入ってきました。

最近暖かい日が増えてきています。

ハネアリが飛び立つにはうってつけの気候ですよね。

少しだけハネアリについてお知らせします

シロアリだから白いんでしょ?と思われがちですがハネアリは黒色です。

この時期の黒い羽のついた虫には注意が必要になります。

お風呂のサッシの隙間から出てきた瞬間です。

数匹いるクリーム色(乳白色)の虫がいわゆるシロアリです。

今後も情報を発信していきますので少しでもお役に立てればと思います。

新田

延長瑕疵保険

寒くなってまいりました!皆様くれぐれも体調にはお気をつけてくださいませ。

さて、話は変わりますが、先日我が家の冷蔵庫が故障致しました。

症状はと申しますと、冷凍・冷蔵が冷えなくなり氷は溶け野菜たちがぬるくなってしまいました。

購入してからおおかた10年が経ち「買い替えしなければいけないかなぁ~、高くつくなぁ~」とあきらめかけていたとき、ふと「保証ってあったっけ・・・」と頭によぎりました。

10年くらい前の事なので全然記憶になかったのですがダメもとで奥さんに確認をしてみたところ、色んな商品の保証書が保管されている段ボールを持ってきて「そんな都合よく保証書なんて入ってるわけ・・・あった!!なんか10年保証入っとるよ!」「え?マジで!?期限いつまで?」と聞くと「来月で切れる」という事で急いで連絡をすると保証内で対応可能ということで見事無償で修理され元気になって帰ってきました。

原因はガス漏れで本来修理をすれば6万~8万くらいはかかっていたとのことで保証に入っててほんとに助かりました。

そんな経験を活かしこの度ご提案したいのが新築延長瑕疵保険です。2009年10月(住宅瑕疵担保履行法が施行)以降の建物が対象でありますが、10年を迎える建物に対しインスペクション(検査)を行い条件を満たすと瑕疵保険が延長出来る商品です。

私が実際経験したように保険に入っていればいざという時に安心です。この機会に生涯でとても大切な役割を担う建物(資産)の価値を高めてはいかがでしょうか!

少しでもお客様の安心と資産をお守りするお手伝いが出来ればと考えております。

吉野

床下換気扇工事

今日は床下換気扇の取り付け工事に行って来ました。久々のブログ更新です(汗)。

現場到着後、換気口廻りを確認し今回は内側から取り付ける事に決めました。床下に侵入し作業開始です。設置予定箇所の換気口を見てみると、

モルタルのバリが結構出てます。勿論撤去し均します。

そして下穴を開けた後、床下換気扇を固定していきます。

最後に忘れずにアース棒を打ち込んでいきます。

電源ケーブルを差し込んで、

完成! 

今日の現場は基礎に墨線が引いてあったのでそれを基準に床下換気扇のレベルが合わせる事が出来てラッキーでした。お次はタイマーの設置です。

お施主様と相談しコンセントの真横に設置する事になりました。壁の下地がボードなので

ビスが効き、設置は問題無さそうです。しかし、出来るだけ格好良く線を通したいので畳寄せを少し加工してやります。

この赤丸部分ですね。このままだとどうしてもケーブルが盛り上がってしまい、モールの蓋が綺麗にはまりません。ちょっと欠いでやろうと思います。

この部分を欠いでケーブルが無理なくモールに入るようにしてやります。

使う道具は勿論、【鑿】です。会社の倉庫から発掘したヤツです(笑)。

マイナスドライバーも駆使します。

完成しました。

休日のDIYがこんな時に役立ちます。文句なしの出来です。

後はタイマーを設置するだけです。

レーザーでレベルを正確に合わせます。隣のコンセントが少し傾いてますね(笑)。

設置完了! 

因みに畳寄せ部分はこんな感じに収まっています。

プロの仕事として文句ない仕上がりだと思っています(笑)。これからもただ設置するだけでなく、見た目の綺麗さも追及していこうと思う今日一日でした。

                           竹澤

床下の健康チェック!

だんだん寒くなってきて衣替えをしようとなかなか動き出せない日々を送っております。

今回は、床下の湿気のお話です。

床下の湿気が多いとカビやダニが発生しやすくなり、人体に影響を与え大切なお家にもダメージを与える事があります。

床下の湿気が多いと床下の木材が水分が多く含み木材の強度を落とすことがあります。

こちらが湿気により木材の強度が落ちている様子が見て分かる写真になります。

鉛筆を刺してみると簡単に刺さってしまうくらい柔らかくなっていました。

こちらのお宅では、他にもシロアリの被害痕、木材にカビ等もありましたのでシロアリ予防と床下換気扇を提案しております。

床下の事なのでなかなか見る機会もありません。

畳が湿っぽかったり、押入にシミやカビがあったり、床から音が鳴るようになったり少しでも気になることがありましたらお気軽にご連絡ください。

矢仁田

水漏れからのシロアリによる被害

そろそろこたつを出そうか迷う時期になりましたね。

今回は、床下の水漏れについて紹介します。

シロアリの点検で、床下を調査していると水漏れを発見する事もあります。

原因を早急に対処するのは大切ですが、修理が終わった後の対処も大切です。

水漏れにより、湿気が増え木材に多くの水分を多く含む事にもつながります。

シロアリは、湿った木材を好みますので水漏れが起こることでシロアリにとって美味しい家になってしまう事に!!

大切な家を守るためにも適切な対応が必要です!

                                    矢仁田